最近よく聞く、IP電話。みなさんご存知でしょうか?

IP電話のポイントは、電話網を使用しない為、IP電話同士の通話は、距離に関係なく、一定の料金で通話が出来ます。
また、通話先のIPプランが、お使いのIP電話と同じ提携グループ・同じプランの場合、通話料が無料になります。

ようは、ネットを使ったインターネット電話だと思って下さい。

IP電話にするとメリットがたくさん

■長距離・国際電話の通話料が格安
IP電話には、「市内」「市外」と言った区別はありません。全国一律で通話が可能です。
■初期費用が安い
プロバイダ申込にかかかる費用などはありますが、IP電話自体の通話料は。。なんと、無料です。
■今までと同じ電話が使える
一般加入電話(固定電話)で使っていた電話機がそのまま使えます。
■無限に広がるサービス
IP電話は、様々なインターネットサービスとの連携が期待できます。
■提携グループ同士の通話料が無料
通話先も同じ提携グループのIP電話サービスを利用している場合は、通話料無料になります。

これだけ見たら、すごく魅力的ですよね。

通信コストを削減

IP電話の一番のメリットはその通話料です。同じプロバイダが提供するIP電話サービスのユーザー同士であれば時間や距離に関わらず通話料が無料になります。タシテンとの通話に加入電話を利用している企業であれば、両支店をIP電話に切り替える事で通話料の大幅な削減が出来ますね。

でも、仕組みってどうなってるの?と疑問に思う方もいらっしゃいますよね?下記でご説明します。

IP電話の仕組み

IP電話の仕組みは「VoIP」を用いたサービスです。

IPパケットに音声や発信、切断などの電話操作、接続先の電話番号などの接続先と交換する情報を載せ、IP網を経由して通話を実現する技術です。

フレッツやADSL、Bフレッツ回線を利用し、現在ご利用の電話機から通話ができるようになっています。そこでビジネスフォンでもIP電話の加入が出来るの?という疑問が出てくると思いますが、結論可能です。

「通話料が安い」っていうけど、いくらなの?って思いますよね。それではIP電話の通話料を各プロバイダと通話料の比較をしてみましょう。

比較するのは、一般加入電話、携帯電話、国際電話、加入者間区分に分けてみました。

■ フュージョン
  • 一般加入電話 8円/3分
  • 携帯電話   16円/1分
  • 国際電話   8円/1分
  • 加入者間   0円
■ サイバーステーション
  • 一般加入電話 7.5円/3分
  • 携帯電話   17円/1分
  • 国際電話   7.5円/1分
  • 加入者間   0円
■ DTI
  • 一般加入電話 8円/3分
  • 携帯電話   18円/1分
  • 国際電話   9円/1分
  • 加入者間   0円

上記、簡単に通話料の比較をしてみました。加入者間の通話料は各社かかりませんね。あとは、ご利用されるみなさまが、どこに電話を掛ける事が多いかで、プロバイダを決めていただきたいと思います。

今まで支払っていた通話料。。。もしかしたらムダがあるかもしれません。ムダなコストほど抑えたいですよね。

これまでの通話料金と比べてIP電話に変える事で〇〇〇〇〇円に月額コストを削減可能ってとても魅力ではないですか?通常は有料にとなる支社間の通話が完全無料なんてすごいですよね?

さらに発信先が固定電話の場合は距離に関係なく国内一律料金なんです。しかも、携帯電話の相手にも格安な料金で通話することが出来ます。

皆様のご利用環境に合わせてIP電話の導入も検討して頂きたいと思いますので、検討中の方はもちろん、考えてなかったけど、コスト削減できるなら!と検討して下さる方々のサイトです。ぜひ見ていって下さい。